オルゴール療法で購入されたスイス製リュージュの72弁オルゴール。
音が小さいため足を4本⇒3本にリメイクしました。
前回のリュージュリメイクの方とは別の方です。

リメイクと言っても、メカを底に留めているネジが3本あるので、そのネジを外して
木の足を新たに取り付け、元ある4本の足より少し高くなるようにするだけ。
10分ほどで終わります(動画参照)

どのように生まれ変わるのか、動画では共鳴音はわかりずらい点もありますが、是非耳を澄ませて聴いてみてください。

オルゴールはメカから音が鳴っていると思われがちですが、メカは振動を起こしているだけ。メカだけの音はとても小さいです。
その振動を、箱でどの様に共鳴させ、増幅させることができるか?がよい音になる鍵ですが、メーカーや販売店でも理解されていないのが現状です。
そのため一般的なオルゴールは「おもちゃ」のレッテルを貼られてしまうのです。

楽器オルゴールは「おもちゃ」ではなく、オルゴールメカを使った「楽器」として研究開発され、完成したもの。
このお客様も楽器オルゴールと、リュージュオルゴールを聴き比べて、音の大きさの違い、音質の違い、楽器オルゴールは低音が良く出ていることに驚かれていました。
箱自体を楽器オルゴールの箱に変えることを希望されました。(REUGE72弁は、楽器オルゴール50弁用の箱に収納できます。)
箱自体を変えることも出来ますが、そうすると今の箱が無駄になってしまうことも有り、結局は新たに楽器オルゴール(以前から気に入っていただいていた曲)をお買い上げいただけることになりました。

サウンドボックスご購入の方には、無料で4本足⇒3本足のリメイクを行っています。
こちらよりご相談ください⇒お問合わせ