国際オルゴール協会の浜松ミーティングに参加しました。
1日目は浜松の楽器博物館を見学しました。

千を超える世界中の楽器の展示がされています。
ヘッドフォンで録音を聞けるようになっています。(一部の楽器)
西洋楽器の録音では、ファゴット・オーボエ・ハープが心地良く聞こえました。

ファゴット

ファゴット

オーボエ

オーボエ

大きなハープ

大きなハープ

オルゴールの起源と言われるカリヨン

オルゴールの起源と言われるカリヨン

そして最近気になっていた和の楽器。
お琴や尺八を演奏する方と知り合う機会もあり、箏曲『六段の調』の録音に聞き入ってしまいました。
『六段の調』はオルゴールでもシリンダーで23弁と18弁でありますね。

『雲龍さんによる息吹之笛の会』を主催させていただいていますが、
雲龍さんは雅楽の世界にいた方なので、
雅楽の理解も深まり、良かったです。

雅楽の楽器

雅楽の楽器


歌舞伎で使われるオルゴールという楽器

歌舞伎で使われるオルゴールという楽器

お琴

お琴

尺八

尺八


時間が無くて見られませんでしたが、好きな映像資料を見られるブースもあります。
時間を作ってまたゆっくり見にきたいと思いました。